紀元前から古愛されているボードゲーム。
日本で流行っているもの、世界で流行っているものなど様々な種類がありますが、それらには違いがあるのでしょうか。
基本的でみんなが知っているボードゲームや、今どきのものまで色々なゲームを見ていきましょう。

  1. TOP>
  2. ボードゲームの歴史を探る

ボードゲームの歴史を探る

私が小さいころからあったボードゲーム。双六をみんなが集まった時に楽しんだ思い出があります。
テーブルの上に広げたボードの上でみんなで遊べることが一番の楽しみですね。双六以外にも多くあるボードゲームですが、最近は難しいものも増えてきているような気がします。

ボードゲームはいつから行われていたのでしょう。近年になって時間に余裕ができた現代人が作ったのでしょうか?
実はそんなことはないんです。人間は昔から暇だったのか、古代エジプト、インドなど世界で見ても文化が発展していたエリアでは古くからボードゲームが愛されていたのです。

ボードゲームには色々な種類がありますが、もっとも世界中で普及しているのは競争系のサイコロを使ったものかもしれません。古代文明の発祥地であるメソポタミアやエジプトで始まったものもあれば、中国、日本、インドなどのアジア圏で進化したもの、ローマやペルシャなどヨーロッパで進化したものもあります。

起源はそれぞれ違うかもしれませんが、同じようなものを使って遊ぶものが生まれているのは興味深いですね。
ボードゲームで欠かせないサイコロはアジア圏で生まれたのではないかと言われています。昔は立方体でないものも多かったようですが、インダス文明のころから遺跡にあるということなので古くからサイコロは使われていたのでしょう。

ゲームにサイコロを使う様子は遺跡の絵画や彫刻でも残っているのでとても歴史あるものなのです。

Copyright ボードゲームで遊ぼう! All rights reserved.