紀元前から古愛されているボードゲーム。
日本で流行っているもの、世界で流行っているものなど様々な種類がありますが、それらには違いがあるのでしょうか。
基本的でみんなが知っているボードゲームや、今どきのものまで色々なゲームを見ていきましょう。

  1. TOP>
  2. ボードゲームを世界で見てみると

ボードゲームを世界で見てみると

ボードゲームと言っても種類は様々ありまして、日本ではあまり見かけないゲームが世界で見るとメジャーだったりします。

世界中のボードゲームを見て、これは日本ではあんまり知られていないけど世界で見ると人気なのではというゲームを紹介します。

マンカラというボードゲームを知っている日本人は少ないと思います。正直想像つかないですよね。
マンカラの発祥は世界中ともいえるもので、アフリカ、中近東、東南アジアなど広いエリアで愛されているボードゲームなのです。簡単に説明すると、双六などがサイコロを使って競争するもので種類が色々あるように、マンカラは盤上でコマを取り合って遊ぶゲームです。種類やルールはかなり多く、おそらくローカルルールまで入れれば誰も把握できないくらいかもしれません。

古い歴史から彫刻なども見つかるマンカラ。古代エジプトのメンフィスにも遺跡があるほどだとか。
ボードゲームのマンカラは対戦型であるため、遊べるのは二人。ゲームの種類としては二人ゼロ和完全情報ゲームというジャンルに分類され、比較的単純でありながら奥の深いゲームです。

マンカラは盤上に空いた穴に、何らかの丸いもの(豆とか石など)を投げいれるのが基本形。
ゲームメーカーから発売もされているマンカラではありますが、上記に書いたように穴と石があればできるのでボードゲームとして買わなくても遊べるのも特徴でしょう。
だからこそ世界中で遊ばれてきたゲームなのかもしれません。

Copyright ボードゲームで遊ぼう! All rights reserved.